2007年10月の記事一覧

スポンサーサイト

自己PRを上手に転職、広報職は

自己PRを上手に転職、広報職は特に必要でしょう。着実に広報職の転職求人は増加してきていますから、転職情報についてはよくチェックしてください。女性の転職・再就職における広報職についてみてみましょう。【広報職は会社のビジョンへの共感が第一、神経すり減る取材対応も】広報職は華やかなイメージがあります。だが予想以上に会社の「顔」として、仕事を担う重圧は、予想以上に大きいようです。例えば、自分の発言がそのまま...

転職する女性・求人の多い業界・職種は?

【どの業界も人材不足気味、しかし雇用ニーズは急変も】どの業界でも今は人材不足気味でしょう。もちろん業界間で多少の求人の温度差はあるそうですが。そこで、いま求人の急拡大している業界と、ニーズの高い職種を紹介しましょう。・金融:リテール営業(個人向け小口営業)、FA(ファイナンシャルアドバイザー)、ファンドマネージャー・医療:MR(営業)、営業事務・IT:SE、プログラマー、営業(ネット広告)・メーカー:エン...

転職情報と人材紹介会社

転職情報と人材紹介会社についてみてみましょう。【希望する転職先条件を積極的に伝えるのがコツ】・メリット・デメリット求人情報誌にはない転職情報が沢山集められている可能性大です。ただし、企業と人材のマッチングを人材紹介会社サイドはスペックで判断するので、その企業雰囲気や価値観が合致するか否かまでは考えてくれないものです。自分で調査することも、任せきりにせずに、大切なことです。・転職情報の賢い活用法転職...

女性のための転職情報サイト

女性のための転職情報サイトについて述べます。【転職情報量の豊富さと、気軽に検索できる手軽さが魅力】・メリット・デメリット気軽に検索できる利便性の高さは魅力で、女性の転職情報量も多い。一方、例えば同じ企画職といっても、内容は企業によって大きく違う時代。マッチングする企業を探し出すのは結構難しいと認識しておいて下さい。・転職情報の賢い活用法条件検索ができるので、行いたい仕事や方向性、選ぶ条件が明確にな...

女性の幸せな転職を成功させる実践②

《女性の幸せな転職を成功させる実践①》より続く。転職の目的は何かしら? 転職先に求める条件は何かしら? 会社・企業選びの芯を明確にし、自分によりマッチする転職先を見つけることを紹介しましょう。【女性の転職先候補となる企業を探しアプローチ方法を考える】・自ら売り込み、企業の潜在ニーズを発掘転職の希望に合うと見込んだ会社・企業の潜在的な求人ニーズを掘り起こし、積極的に自らを売り込むことを検討しましょう...

女性の幸せな転職を成功させる実践①

女性の幸せな転職を成功させる実践面につき説明致しましょう。転職の目的は何かしら? 転職先に求める条件は何かしら? 会社・企業選びの芯を明確にし、自分によりマッチする転職先を見つけることを紹介しましょう。【女性の転職活動も「戦略」が重要】・キャリアの総見直し過去の職務経験を振り返り、自分には何ができるのかを客観的に分析しましょう。そのベースの上で、どのような求人マーケットで自分が最も能力を発揮できる...

女性の転職はキャリア分析&情報収集でみつける②

《女性の転職はキャリア分析&情報収集でみつける①》より【女性の転職には求人情報のみ頼らず積極的に自分を売り込む】女性のための転職情報サイト、人材紹介会社、ハローワーク&ダイレクト情報、求人広告などは、女性が転職する際の主な求人情報源です。転職の目標や会社・企業選びの条件が明確になったならば、各メディアの特性を活かしつつ、ツールとして上手に理想の転職先を見つけるように利用してください。併せて、求人情...

女性の転職はキャリア分析&情報収集でみつける①

【女性の転職には求人情報に頼る前にキャリア&価値観の分析を】求人情報を入手するには、最近はインターネットなどを通じて手軽にできますが、ミスマッチな転職を繰り返す女性も増加しているように思います。自分自身の価値観やキャリアの総見直しをして、情報を評価する基準が初めて見えてくるものだと考えます。であるのに、何ができるのか、何がしたいのかがわからない状況のまま、身近にある求人情報ツールに頼ってしまい、結...

女性の転職・再就職での教育関連業界について

女性の転職・再就職での教育関連業界についてみてみましょう。【塾の求人は右上りカーブ、親や生徒との関係でつまずく女性も】アンケートで、教育関連業界が第1位で、学習塾、教師ともに現在、求人・採用を増加させているそうです。学習塾業界は少子化による受験ブームに後押しされ、いま新規開校が増加しているのです。京都の学習塾で男性講師が起こした痛ましい殺人事件の影響もあり、女性講師のニーズが高まっています。生徒や...

転職・再就職での人気・企画職について

女性の転職・再就職での人気の企画職について見てみましょう。【企画職は人気NO.1職種だけど、未経験での転職は厳しい】「転職したい仕事・職種」第1位だった企画職。クリエイティブな仕事ができそう、感性が生かせそう、など人気が高いが、地道な打合せの連続で、かっこいい仕事ではない、と先行するイメージを指摘する女性もいます。しかし、企画職の転職求人募集があると、殺到する応募。従って、求人サイドの要望がそう高くな...

日本企業転職への求人と就職ルート

《女性の転職と国内企業》より続く【女性の日本企業転職への就職ルート】日本企業の本音では、転職など中途採用が増加したといっても、基本は新卒で採用して長く仕事をしてもらいたいのです。新卒採用がメインで、不足しているところに転職など中途採用で人材を補完していくタイプが日本企業でしょう。求人募集は必要に応じて新聞、雑誌やネットなどで告知するので、よくよくチェックして下さい。【日本企業のメリット・デメリット...

女性の転職と国内企業

女性の転職と国内企業との関係について述べてみましょう。【国内企業に向く女性】・会社内で厳しい競争や解雇と隣り合わせの生活は嫌な女性・残業や休日出勤をしても、会社や仕事のために頑張ろうと思える女性・連帯感を持ちチームで仕事をしたい女性・1つの会社になるべく長く勤めたい女性・人との繋がり、思いやりは必要と感じる女性・飲みコミュニケーションは楽しいの感じる女性・英語は嫌いな女性【国内企業ってこのようなと...

外資系の転職面接でのアピールの仕方と転職実際例

【外資系への転職面接でのアピールの仕方】・過去の成果を”数字”で表現・すぐに仕事ができる・ヤル気より、業績に貢献できることをアピール外資系への転職を目指す女性へ、面接でのアピールポイントを伝授しましょう。まず、外資系では、「頑張ります」「ヤル気は十分です」といった意欲のアピールは余り効果がないそうです。そのようなことは当り前だからです。転職の採用面接では、業績にすぐ貢献できることを、兎に角数字で表現...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。