転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

転職する女性・求人の多い業界・職種は?

【どの業界も人材不足気味、しかし雇用ニーズは急変も】
どの業界でも今は人材不足気味でしょう。
もちろん業界間で多少の求人の温度差はあるそうですが。
そこで、いま求人の急拡大している業界と、ニーズの高い職種を紹介しましょう。

・金融:リテール営業(個人向け小口営業)、FA(ファイナンシャルアドバイザー)、ファンドマネージャー
・医療:MR(営業)、営業事務
・IT:SE、プログラマー、営業(ネット広告)
・メーカー:エンジニア、技術営業、貿易事務
・不動産:仲介営業・賃貸営業などの営業、投資対象不動産の運営、管理業務などのプロパティーマネジメント、営業事務
・流通・小売・飲食:店舗運営、接客、販売、経理、法務など事務系スペシャリスト
(詳細は別ページを読んでください)

注目は「金融」業界です。例えば2,500人もの新卒社員を一度に採用したという邦銀もあるほどで、転職女性の第二新卒含め、中途採用の雇用も活発だそうです。そもそも給料水準が金融業界は高く、他業界から転職すると給料アップを狙えるメリットもあります。特に営業職の求人が多いので、そこが狙い目ではないでしょうか。

転職するときは、経験を活かせると、同じ業界を探す女性も多い筈です。しかし、人材不足のいまだからこそ、業界関係なく移動するチャンスが増加しているのです。どの会社でも活かせるスキルを、ポータブルスキルといいますが、これを明確化して面接などでアピールすれば、異業界への転職も十分可能でしょう。

ただし、業界を変るなら、転職前に業界の特性を十分検討してください。イメージで仕事を捉えている女性も多く、業界・職種をよく調査しておくことが、転職後のミスマッチを防止できるでしょう。入社後に、こんな筈ではなかった、という転職失敗を減少させられるからです。

会社・企業の経営状況によって雇用ニーズは大きく変化することにも注意が必要でしょう。これらの急拡大している業界と、ニーズの高い職種を紹介しましたが、このような状況がいつまで続くわけではなく、目安として3ヶ月ごとに変化すると心得てかかりましょう。
スポンサーサイト

«自己PRを上手に転職、広報職は | トップへ戻る |  転職情報と人材紹介会社»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。