転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

女性の転職と国内企業

女性の転職と国内企業との関係について述べてみましょう。

【国内企業に向く女性】
・会社内で厳しい競争や解雇と隣り合わせの生活は嫌な女性
・残業や休日出勤をしても、会社や仕事のために頑張ろうと思える女性
・連帯感を持ちチームで仕事をしたい女性
・1つの会社になるべく長く勤めたい女性
・人との繋がり、思いやりは必要と感じる女性
・飲みコミュニケーションは楽しいの感じる女性
・英語は嫌いな女性

【国内企業ってこのようなところ】
日本の会社・企業と外資系企業の両方に務めた経験者は、日本企業のよさは、給料とか業績は別にして、皆で頑張って何かをやり遂げた、そのような達成感を感じされるといいます。
人との繋がりや思いやり文化は健在なのは、日本企業ならではのよさだと思います。

外資系企業では同期同士の付き合いも余りなく、友達が少ないなどと自分でも感じます。
敬語の使い方とかビジネスマナーを叱りながらも教えてくれます。
そのような先輩や上司は外資系企業では見られないでしょう。
また、日本企業なら成果を出さないと即、解雇というケースがほぼない安心感もあります。

一方、給料とか業務内容の面で男女差があったり、評価方法の曖昧な成果主義が横行していたり、残業時間が長い問題、夜の無駄な付き合いがあるなど、改善すべきところが多々あるのも事実です。
《女性の転職と日本企業》へ続く。
スポンサーサイト

«日本企業転職への求人と就職ルート | トップへ戻る |  外資系の転職面接でのアピールの仕方と転職実際例»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。