転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

転職・再就職での人気・企画職について

女性の転職・再就職での人気の企画職について見てみましょう。

【企画職は人気NO.1職種だけど、未経験での転職は厳しい】
「転職したい仕事・職種」第1位だった企画職。クリエイティブな仕事ができそう、感性が生かせそう、など人気が高いが、地道な打合せの連続で、かっこいい仕事ではない、と先行するイメージを指摘する女性もいます。

しかし、企画職の転職求人募集があると、殺到する応募。従って、求人サイドの要望がそう高くないケースでも、結果的には経験者・高スキル取得者が採用されることが多いようです。

女性が転職にチャレンジするには、どのような経験・スキルが必要なのでしょうか。企画職は独創的なアイデアをどしどし出すイメージが強いのですが、実は調整力やコミュニケーション力が重要なのです。できる企画ウーマンは人を惹きつけて、その才能を活かす能力の高いタイプが多いのです、と指摘しています。
新しいことやしたいことを考えるだけでは終わらず、企画を実現へと進める過程で、沢山の確認事項が必要なのです。そのため、高いスケジュール管理能力が求められるのです。

「企画」といっても仕事の範囲は広く、経営企画と商品企画、外部向けと社内向けでは仕事内容が全く異なります。商品企画といわれて転職したのに、店頭販売も担当させられて不信感を持ったなど、という女性もいましたが、特に注意したいのは、業務内容の確認です。「企画」というものに惑わされず、転職前に必ず仕事内容を確認する必要がありそうですね。
スポンサーサイト

«女性の転職・再就職での教育関連業界について | トップへ戻る |  日本企業転職への求人と就職ルート»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。