転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

女性の転職・再就職での教育関連業界について

女性の転職・再就職での教育関連業界についてみてみましょう。

【塾の求人は右上りカーブ、親や生徒との関係でつまずく女性も】
アンケートで、教育関連業界が第1位で、学習塾、教師ともに現在、求人・採用を増加させているそうです。
学習塾業界は少子化による受験ブームに後押しされ、いま新規開校が増加しているのです。

京都の学習塾で男性講師が起こした痛ましい殺人事件の影響もあり、女性講師のニーズが高まっています。
生徒や保護者とのコミュニケーションも重要なので、接客業で経験を積んだ女性は入りやすいと思います。

一方、塾スタッフのケースで、生徒獲得のための営業活動もしますし、クレームにも対応します。
従って、子供が好きという漠然とした考えだけでは、入ってから続かないことも多いという指摘もあります。

教員採用試験も、団塊の世代引退に伴い、この5年は特に狙い目なのではと、門戸の広がりを実感する声があります。
転職による社会人経験者に対しては、親の目が教師に対し厳しくなってきているため、民間企業で逆境をクリアーしてきた精神力の強い女性が歓迎されていると、評価が上がってきているようです。

しかしながら、転職による社会人採用で教員になった女性の感じ方はまだシビアです。
それは転職してから、職場環境に順化するまでは大変です。
営業職からの転職組の女性の例ですが、一から勉強のやり直しで、経験が評価されずに、理不尽な思いをしたこともあります。とのことです。

教職員を希望する女性の中には、産休・育児休暇など待遇面でのメリットを挙げる女性もいましたが、いろいろな責任が伴い、ストレスも多いのです。
教育への情熱以外の目的での転職はやめた方が無難でしょう。という意見もあります。
未経験転職者は、熟慮が求められそうですね。
スポンサーサイト

«女性の転職はキャリア分析&情報収集でみつける① | トップへ戻る |  転職・再就職での人気・企画職について»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。