転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

転職と求人情報の広告・新聞・雑誌

女性の転職と求人情報の広告・新聞・雑誌の活用についてみましょう。

【媒体ごとに強みが違い、早めのアプローチがいい】
・メリット・デメリット
求人情報誌などは、条件検索では見つからなかった企業に出合う確率が高いのです。それは全ての情報を一括して見ることができるからです。一方、発売と同時に転職希望者の多くは見ていることを考えると、迷いがなければ早めにアプローチしたほうがよいでしょう。情報量はサイトに比較すれば圧倒的に少ないでしょう。

・転職情報の賢い活用法
賢い活用法は、興味のある企業を見つけ、個別にアプローチし潜在ニーズを掘り起こすときにするのがお勧めです。情報もとによって掲載される業種や職種に偏りがあるため、次の求人情報誌、新聞を参考に自分の希望に合致する情報源をうまく選びましょう。

〈求人情報誌〉
とらばーゆ/毎週水曜日発売(リクルート)。女性に人気の職種・業種の情報も豊富です。
サリダ/毎週月曜日発売(インテリジェンス)。美容・医療系の情報が充実しています。
B-ing/毎週水曜日発売(リクルート・東海版は月曜日発売)。営業、マスコミ系が多いです。
〈新聞〉
日本経済新聞/日曜版に掲載。金融系に強い。
朝日新聞/日曜版に掲載。マスコミ、事務系に強い。
ジャパンタイムズ/月曜版に掲載。外資系に強い。
スポンサーサイト

«注目の職種・医療業界への女性の転職 | トップへ戻る |  金融業界への女性の転職»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。