転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

転職活動で最強の職務経歴書を書く技術とは?

【職務経歴書は読みたいと思わせるのが大切、数枚で仕事の能力が分かる】
転職活動時の応募書類の作成は、企業にアプローチする第一関門です。転職面接までこぎつけるには、絶対に手は抜けないのです。転職のように中途採用に応募するケースは、履歴書に加え、自分で作成した職務経歴書を添付するのが一般的です。写真や字の書き方など、応募者の女性の人柄を神から読み取れるのが履歴書です。

一方、どのような仕事を経験し、何ができるかをプレゼンするのが職務経歴書です。応募者のたった数枚の書類から、採用担当者はビジネススキルを判断できてしまうものです。
しかしながら、出来ることの全てを書き並べればいいという訳ではありません。採用担当者は膨大な数の応募書類を読まなければならないので、落ち着いて全ての書類を読む時間は無いのです。
ぱっと見て、読みたいと思わせるレイアウトを研究することも大切なことです。面接時と同様、履歴書・職務経歴書などの書類でも、見た目の第一印象が勝負の分かれ目となります。

例えば、応募する会社・企業が求める仕事に直結しそうなスキルなど、冒頭で箇条書きにアピールしたい事項を書くといった方法もあります。読み手になったつもり、つまり相手の立場になり、工夫してみましょう。

職務経歴書に書き込む内容を考えるとき、自己分析シートで細かく書き出したものが実は役に立つんです。応募する会社・企業のニーズをよく研究して、それに合致したものから整理してみましょう。転職者に求められるのは即戦力としてのスキルです。
経験をベースに、したいことをアピールするとともに、その会社・企業に入社したらどのような実績を出せそうなのかを意識して書きたいものです。

次の章には《女性の転職活動で読ませる職務経歴書の書き方》の「読ませる」職務経歴書の書き方のポイントを纏めてみました。よく事前に読んで、参考にして下さい。
スポンサーサイト

«金融業界への女性の転職 | トップへ戻る |  自己PRを上手に転職、広報職は»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。