転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

志望動機が多いマーケティング職

◆志望動機が多い職種・マーケティング職について、検討いたしましょう。

【リサーチから販売、経費管理まで会社によって異なる仕事内容】

求人の多い職種で、女性の転職・再就職の志望動機が多いマーケティング職は、市場分析により商品販売の仕組みを作ります。
知的イメージで人気があるが、企画職と同様わずかな求人・募集に転職応募者が殺到する構図はかわりません。

しかし、企画職よりも業務範囲はさらに広く、会社によっても大きく違います。
例えば、マーケティング職というと、聞こえはいいけれど、担当は販売、経費管理、広報、イベント企画まで幅広く、社内の便利屋として使われることも多いようです。未経験からの転職は厳しそうですが、どのようなが要求されるのでしょうか。

それはデータ分析に役立つアクセスやエクセル、プレゼンテーションに必要なパワーポイントなどのスキルにプラスし数学的センスを挙げる人もいます。マーケティングと数字は切っても切り離せないので、抵抗感があると大変です。また、市場に何を投入すれば売れるかを見極めるために、業界の最新情報を入手する感性も必要でしょう。

また、コミュニケーション能力も問われます。これは社内調整や、外部の人のリサーチ力を借りることが多く、打ち合わせが多い職種でもあるのです。
憧れだけで転職すると、大きいイメージギャップとなってしまいます。

意外なところで、営業職を経験したため、職種変更がスムーズにいったという例もあります。
最近社内異動で営業からマーケティングに移り、マーケティング戦略についてはまだ勉強中ですが、強みは顧客ニーズを現場で把握できていることです。

営業とマーケティングは反発することも多いけれど、その橋渡しをしたいといいます。
転職によりマーケティング職に就くためには、どのような仕事にも対応できる柔軟性が必要なようです。
スポンサーサイト

«医療事務の魅力 | トップへ戻る |  外資系企業と日本企業の違いと転職»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。