転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職のコツ!!
転職活動で成功するために
自分にあったキャリアアドバイザーを探して、不安や悩みを相談する信頼できるパートナーを見つけることがとても重要です。

プロのサポートを受けるメリットとは・・・

非公開求人を紹介してもらえる
履歴書・職務経歴書など面接対策のアドバイスを受けられる
年収の交渉もサポートしてもらえる

転職支援の詳細はこちら

外資系企業と日本企業の違いと転職

外資系企業と日本企業の違いについては、女性の転職活動において十分理解しておかねばなりません。

【個人プレーの外資系企業、フォローのある日本企業】
外国人と仕事をしてみたい、仕事で英語を使いたいという人気の外資系会社・企業。
しかし、給料が高そう、かっこいいとイメージで捉えている女性もいるのではないでしょうか?ここでは日本企業と比較し、リアルな外資系の姿を追ってみましょう。

まず外資系は会社が小規模なものが多いのです。本社は本国だから、日本にあるのは日本支社です。
数人の社員で切り盛りしている所もあるので、日本企業に比較して求人数は少ないのです。人気はあるけれど、提供できる求人が思ったほどないのが現状です。

基本は中途採用の転職者で、女性にメリットが大きいのです。景気がよければ大量に採用するし、景気が悪ければ全く採用しないか、撤退もありうるのです。
外資系と日本企業の最大の違いは社員や会社の「考え方」と外資系では「自分のことは自分でやる」のが基本です。

例えば、外資系企業では一般事務職の女性はいません。
コピー取りなど必要な事務処理は全部一人の社員がこなします。
日本企業から外資系に転職した女性は、これの驚く女性もいます。体調を悪く司会者を休んでも、フォローしてくれる社員はいません。など、役割分担が明確で、個人が各業務を責任もって全うする、上司の指示がなければ他の業務に手を出さない、それが外資系企業の考え方、文化なのです。

【そこそこの女性に外資系の転職は向いていない?】
外資系への転職は、女性の法がメリットがあるのではないでしょうか。
その理由としては、仕事の内容や給料面などに、男女差がないことでしょう。
評価の軸が明確で、厳しい反面、成果を挙げた女性には相応のリターンを堂々と支給するのが外資系です。男女平等にチャンスは与えられています。

しかしその一方で、、所定の期間内に次のレベルまで昇進・昇格できなかった、つまりアップ・オア・アウトの表現通り退職せざるを得ないという厳しいシステムもあるんです。
「仕事はそこそこでいい」、と考える女性には外資系は余り向いていないかも知れません。

上昇志向が強くて、目的意識が明確で、チャレンジ精神旺盛な女性に外資系の会社・企業はお勧めでしょう。
次の章にて外資系と日本企業を比較してあります。女性の転職メリット・デメリットから就職ルートまでチェックしてください。
スポンサーサイト

«志望動機が多いマーケティング職 | トップへ戻る |  求人の多い職種・業界と給料ランキング»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。